求人情報

訪問看護ステーション 看護師


訪問看護ステーション 看護師

訪問看護ステーション 看護師

 

 

どんな職場ですか?

 

しろばとの醍醐味といえば訪問看護ですね。
当法人が運営する老人ホームや、在宅で看取りを希望される方への訪問看護に力を入れています。
病院の施設内のみで働く一般的な看護師さんとは違って、普通のお宅が仕事場になりますので、患者さんやそのご家族との距離が近いのが特徴です。

 

訪問看護の患者さんはどんな感じですか?

 

末期がん患者というと死と隣り合わせで気が滅入るのでは、と思うかもしれませんが、在宅の患者さんは案外そうでもありません。
そういった方も0ではありませんが、人とは面白いもので病院では元気がなかった方でも、ご自宅に帰っただけで信じられないくらい元気になられる方がいらっしゃいます。
だから「真の看護」とは何かと考えさせられたり、人間の底力みたいなものに触れられる。それがこの仕事の良さかもしれません。

 

どんな人が訪問看護に向いていますか?

 

適当な人ですね(笑)というのは冗談で、大らかな人が向いているかもしれません。
在宅の患者さんは設備が整った施設よりも、自宅で最期を迎えることを選んだわけですから、病院の患者さんと同じ対応では上手くいきません。たとえば体調のことを考えるとお酒を控えた方がいいけれど、患者さんの想いを考えてOKを出すようなこともあります。
しかし、患者さんには健やかに過ごして頂くために、私たちは全力を尽くさなければなりません。限られた設備の中で、どうやって病院並みの設備に近づけるか、創意工夫できる人が良いですね。
また不安なのは患者さんだけではありません。患者さんご本人が望むまま自宅に戻してみたものの、どうやってサポートすればいいのか、不安に思われているご家族は多いです。だからこそ患者さんだけでなく、ご家族の良き相談役になれる人が良いですね。

 

しろばとの魅力はなんですか?

色々ありますが栗岡院長のスタンスです。
患者さんの主治医とほとんど顔を合わせない訪問看護ステーションも多いですが、しろばとでは院長先生以外が主治医になることはほとんどありませんし、日頃から顔を合わせますので、とても医師と看護師の連携が取りやすい職場だと思います。
また先生自身が訪問看護をとても重視されています。医師によっては仕事と休暇を明確に分ける方もおり、患者さんの容態が急変しても連絡が取れないことも珍しくないですが、栗岡先生はそんなことはなく夜中であっても電話一本でかけつけてくれます。